おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCはノートPCよりもデスクトップPC

    

ゲーミングPCはノートパソコンかデスクトップパソコンか

 

ゲーミングPCを買う場合、「デスクトップ型にするか、それともノート型か…」と迷う方も多いと思います。
デスクトップ型とノート型のメリット・デメリットをしっかり理解しなければ、PC選びであとあと後悔することにもなりかねません。
自分の生活スタイルに合わせて最適なゲーミングPCを選択できるようにしましょう。

 

 

自宅でゲームをするならデスクトップ一択

自宅でのみゲームをプレイするならばノート型を買う必要はまったくありません。
この場合はデスクトップ一択でしょう。
事実、3Dオンラインゲームをプレイする90%近くのユーザーがデスクトップ型を購入しています。
外出先に携帯してゲームをするわけではないのに、わざわざパーツの拡張性が低く、排熱性も悪く、故障しやすいノート型を買う必要性はないわけです。
将来性や拡張性という観点からもデスクトップ型を選択すべきです。

デスクトップ型のメリットとデメリット

ゲーミングPCはグラフィックボードが重要ですが、デスクトップ型はより多くのグラフィックボードを選択したり、あとで容易に取り換えたりということができます。
ノート型に比べると使用できるグラフィックボードの数は2倍以上と言われています。
拡張性という部分でもメリットは大きいです。
ノート型の場合はその構造上、拡張性が低いのがデメリットですが、デスクトップ型の場合はたとえば「メモリーを増量したい」「CPUを交換したい」「サウンドカードを追加したい」といった拡張・カスタマイズが豊富に行えます。
また、排熱性という点でもデスクトップ型のほうが優秀です。
ノート型の場合はスリム型なのでパーツがぎゅうぎゅう詰めになっており、排熱性がとても悪いです。
夏場ともなるとPCの内部は熱がこもりすぎて故障することもあり得ます。
高い動作処理を求める3Dゲームをノート型で長時間プレイするときはなおさらその危険性が増します。

しかしデスクトップ型はスペースが広く取られた構造になっており、熱対策もしっかり取られています。
専用のファンや冷却機能が完備しているデスクトップPCは熱問題を起こすことはほとんどありません。
価格面でもデスクトップ型のほうが有利です。
特にハイスペック、ハイエンドになればなるほどデスクトップ型のほうが安く買うことができます。
デスクトップ型のデメリットを挙げるとすると、PCのサイズがとても大きいので場所を取る(スペースを取る)ということです。
ノート型の場合はスリムなので場所を取りませんが、デスクトップ型の場合は事前に部屋の中に広いスペースを確保する必要があります。

ノート型のメリットとデメリット

ノート型のメリットは当然ながらその「携帯性」の良さと、場所を取らないスリムサイズなところです。
もしPCを持ち歩いて使用することをメインとするならばノートPC一択になります。
デメリットは、これまでデスクトップ型で挙げていたメリットの逆のことになります。
拡張性の低さという点では、キーボードや液晶モニタなどを途中で交換するということが不可能です。
使用可能なグラフィックボードもデスクトップ型より少なくなりますし、取り換えるのも難しくなります。
排熱性も悪いので内部で熱がこもりやすく、故障の原因になります。
近年はノートPCでも排熱機能が優秀なものもありますが、やはりデスクトップ型の排熱性と比べるとかなり分が悪いです。

価格もスペックが上がれば上がるほどデスクトップ型より高くなってしまいます。
将来的な拡張、PCのスペックアップ、パワーアップ、排熱性の良さ、故障率の低さ、コストパフォーマンス・・・様々な面から見て、家でゲームを楽しむにならば間違いなくデスクトップ型が良いでしょう。