おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCは普段使いもできるの?

    

ゲーミングPCは普段使いできるか

 

「ゲーミングPCはゲームをプレイするのに特化したPCだから、普段使いにはあまり向いていないのでは?」という疑問を持つ人も多いようです。普段使いというのは、ワードやエクセルを使ったり、メールをチェックしたり、YouTubeを見たり・・・といういつもの使い方です。そもそも「ゲーミングPCはゲームしかできないPC」という認識が間違いです。正確に言うとゲーミングPCとは「ゲームをより快適にプレイできる機能を搭載したPC」です。もっと端的に言うと「高性能なPC」です。ですから、普通にPCを使う分には何も問題がありません。むしろ性能が高い分、より快適に普段使いもできるということになります。

 

ゲームをプレイした人にとってはもってこい?

快適にPCを使う・・・という点での“性能の高さ”とは「処理速度が速い」ということです。性能の低いPCでは処理速度が遅いため、最新のアプリケーションやソフトがスムーズに使えない、またはネットで満足に動画が見られない、といったことが起こります。たとえば処理速度の遅いPCでは最新のワードやエクセル、パワーポイントがスムーズに動かない、Photoshopなどの画像処理系のソフトの動作が遅い、ネットの動画がカクカクする、といったケースです。場合によっては画面がフリーズしてしまうこともあるでしょう。しかし、ゲーミングPCならばその高い処理速度によってスムーズに多くのソフトやアプリを使用できますし、ネットで動画を楽しむのも何ら問題は起こりません。古いPCとゲーミングPCとではソフトなどの「起動時間」がかなり違うのに驚かれるはずです。Photoshop一つとってみても起動時間がいかに違うかが分かるはずです。

ゲームに関心がない人であれば、ゲーミングPCを買う必要はありませんが、「ゲームもプレイしたい、普通のPCとしても使いたい」という人であればゲーミングPCはもってこいです。普段から重めのソフトを使っていたり、仕事柄PCに負荷が与えることが多かったりする人であれば高性能のPCを必要としますが、それプラス「趣味がFPSやMMORPGのオンラインゲームをプレイすること」ならば断然ゲーミングPCの購入をオススメします。いわば一石二鳥なので多少の値は張っても満足のいく動作環境を実現すべくゲーミングPCの購入を検討してみてください。

ゲーミングPCを普段使いするデメリット

ゲーミングPCで普通使いをする場合、メリットだけではなくデメリットもあります。デメリットの一つ目は「PCそのものが場所をとる」ということです。普通のPCに比べてサイズが大きいのでスペースをかなり取ります。注文したゲーミングPCが家に届き、開封してみたら「予想以上に大きくてびっくりした」という声も多いです。ゲーミングPCを買う場合は部屋のスペースをしっかり確保できるかという点に注意が必要です。

デメリットの二つ目は「処理機能が高いので消費電力も高くなる」ということ。高速処理、高画質・・・当然ですが普通のPCに比べると消費電力が高くなります。普段から節約、節電しながらPCを使っている人だとあまり向かない可能性があります。消費電力が高いということは毎月の電気料金も上がってしまうということです。高性能なPCですから当然ではありますが、この点は慎重に判断すべきでしょう。これに関係して、ゲーミングPCはその高速処理による「発熱量」が高いのでPC周辺が熱くなります。排熱処理が搭載されているとはいえ普通のPCに比べるとその発熱量は大きな違いがあります。この点もデメリットと言えます。

ゲーミングPCにはゲームプレイに特化した専用のマウスやキーボードが付属している場合があります。これらの専用のマウスやキーボードはかなり特殊なので、普通のテキスト入力や事務処理には向かない可能性もあります。慣れれば問題ないかもしれませんが、合わない人は合わないのでゲーミングPCを購入する際は「マウス」「キーボード」についても注意してみて下さい。