おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCに求められるパフォーマンス

    

ゲーミングPCに求められるパフォーマンス

ゲーミングPCに求められる最も重要な要素は「3Dグラフィックのスムーズな描写・動作」です。
これがスムーズでなければ満足にゲームをプレイすることはできません。
特にFPSなどのアクション性の高いゲームにおいては、このパフォーマンスがより求められるようになります。

 

 

グラフィックボードに積極的投資を!

3Dグラフィックの高画質かつスムーズな動きに必要なパーツが「グラフィックボード」です。
このグラフィックボードこそゲーミングPCで最も重要なパーツと言えるでしょう。
一言で言うとそのゲーミングPCのパフォーマンスに直結するのがグラフィックボードです。
いかに質の高いグラフィックボードを用意できるか、またはそれが搭載されたPCを買えるか、これがゲームを満足にプレイできるかどうかのカギを握っています。
グラフィックボード以外にお金をかけるのではなく、まずはグラフィックボードそのものに積極的に投資をすべきです。
それ以外の部分はあとからでも十分に対応できます。
同じグラフィックボートでも、ローエンドのもの、ミドルエンドのもの、ハイエンドのものはそれぞれどれくらいのパフォーマンスの差があるのか見ていきましょう。

グラフィックボードの価格

ハイエンドのグラフィックボードは当然ながら価格も高くなります。
7万、8万円くらいはしますから出費が多くのなるのがデメリットですが、その分パフォーマンスは最高です。
究極の画質、滑らかな動き・・・どれをとっても満足できる描写力となるでしょう。
ミドルエンドのグラフィックボードは4万円前後になります。
コストパフォーマンスが良く、ライトユーザーにもオススメです。
ミドルエンドならば大抵のゲームタイトルを問題なくプレイすることができるはずです。
ときどき動きがカクカクするということもあるかもしれませんが、それほど気になるものではないでしょう。
もしカクつきが頻繁に起こるようならもう一段階上のグラフィックボードを購入しましょう。
ローエンドのものは1万、2万円くらいで購入できます。
パフォーマンスはそれだけ落ちますが、アクション性の高いゲームタイトルに関心がないとか、高画質や高いプレイ環境をそれほど求めないならばこのレベルのものでもよいかもしれません。
自分の遊びたいゲームを最低限の環境でプレイできればそれでいいという方にオススメします。

「CPU」にも気をつけよう

ゲーミングPCにおいては「CPU」も重要な要素として挙げられます。
CPUはそのPCの中心部分であり、いわば「頭脳」です。
CPUの性能が低いと、読み込み動作が遅かったり、画面がフリーズしたりということが起こります。
そうなるともはやグラフィック云々の問題ではなくなります。
近年のゲームはCPUに高いパフォーマンスを求めることが多く、古いCPU搭載のPCでは最新のゲームタイトルが満足にプレイできないといったケースも発生しています。
ゲーミングPCでオススメのCPUは「Core i7」と呼ばれるもので、このCPUが搭載されたPCならば最新のゲームタイトルすべてを問題なくプレイできるでしょう。

もう一段階低いCPUに「Core i5」があります。
これまではCore i5でも多くのゲームタイトルがプレイできましたが、最近のオンラインゲームでは「Core i7推奨」が多くなってきています。
今後、各ゲームタイトルが求めるパフォーマンスのことを考えれば、Core i7搭載のゲーミングPCを購入したほうがよいでしょう。
「メモリ」もそのPCのパフォーマンスに関わってきます。
記録するために必要なパーツにはHDDやSDDがありますが、ゲーミングPCにおいてはSDDがオススメです。
SDDは簡単に言うとフラッシュメモリのことで、大容量のデータを高速に読み書きが可能です。
より速いデータ処理を求められるゲーミングPCにはHDDよりもSDDのほうを選択しましょう。

いかがだったでしょうか。

自分の目的に合ったパフォーマンスを持つゲーミングPCを選ぶ参考にして下さい。