おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCとPS4の比較

    

ゲーミングPCとPS4の比較

ゲームをプレイする上で「ゲーミングPCとPS4ならどっちがいい?」という疑問を持つ方も多いようです。

ゲーミングPCもPS4もゲームに特化したハードですが「どちらを買ったほうがいいか?」という点になるとある程度の比較が必要になるでしょう。
スペックやゲームのプレイ環境などをポイントにゲーミングPCとPS4の違いを見ていきましょう。

 

ゲーミングPCとPS4のスペック

まず単純にスペックで比較をしてみると、PS4よりもゲーミングPCのほうが優秀であることがほとんどです。
たとえば人気のゲーミングPC「ガレリアXF」でみると、CPUはPS4の約1.5倍、GPUは約3倍という数値になっています。
単純にスペックだけの比較ならゲーミングPCのほうが上です。
しかし、ゲーミングPCは価格面でのネックが大きくなります。
ゲーミングPCの価格は最低でも10万以上ですが、PS4の価格は3万円前後ですからコストパフォーマンスは圧倒的にPS4のほうがいいです。
それほどハイスペックな環境は必要ないと考えるならばPS4で十分ですが、より高いゲーム環境を実現したいというユーザーならばゲーミングPCという選択肢になるでしょう。
PS4の場合は、本体の性能がどれでも同じなのでスペックによるバラツキがまったくありません。
しかしゲーミングPCは各モデルによって性能のバラツキがあり、ユーザーによっては満足にゲームをプレイできる人とそうでない人が生まれてしまう可能性があります。
また、より高性能なPCを保有している人のほうが有利にゲームを進められるということもあり、ユーザー間でもプレイ環境にバラツキが出てしまいます。
同じ環境で、同じレベルでゲームを共有したいということであればPS4のほうが良いという判断もできます。
当然ではありますが、ゲーミングPCは普通に「PC」として使うこともできます。
たとえばワード、エクセル、画像編集、動画編集といったPCならではの機能を使うことができます。
PS4にはそのような機能は基本的にありません。
ネットの閲覧、動画の鑑賞、音楽を聴く、といったことはPS4でも可能ですが、よりマルチな用途で使いたいということであればゲーミングPCのほうに軍配が上がります。
ゲームだけをプレイしたいならPS4、マルチな用途としても使いたいならゲーミングPC、という見方で判断してもよいでしょう。
画質の良さ、解像度という点でみると明らかにゲーミングPCのほうが優秀です。
PS4よりもPCのほうがよりきめ細やかに描写され、よりリアルで美しい画面でゲームをプレイすることができます。

AI量での比較

また、AI量という点で見てもPCのほうが優秀なので、人の数の多さ、車の動き、自然の描写などでもAIがより幅広く機能します。
fps(動きの滑らかさ)という点でもPCのほうが有利です。
PS4では画質が高く設定されている代わりに、fpsが低くなっていることも多いです。
fpsはその数値が高くなればなるほど滑らかな動きになります。
しかしPS4のゲームタイトルでは低いfpsで固定されているケースも多いため、PCよりも動きがカクカクしているということも多々あります。
PCであればより高いfpsを実現できますし、たとえ現在のPCのスペックが低くても拡張すれば高fpsにすることも可能ですから、そういう意味ではPCのほうが有利と言えます。
PCに有利な面には「MOD」というものもあります。
簡単に言うと「改造機能」です。
PCであればMODを導入してゲームを自分の好みに改造できます。
画質だけでなく様々な面でカスタマイズできるので、この点もPS4にはない利点です。
MODはPC版のゲームタイトルのほぼすべてで適用できます。
PS4ではMODの導入は難しいので、自由度という意味でもPCのほうが優れています。
PS4は価格面で圧倒的に有利です。しかし、長い目で見て「ゲームをより楽しみたい」ならばゲーミングPCのほうがいいでしょう。このあたりは自分の目的や生活スタイルに合わせて判断してみてください。