おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCは自作かBTOか

    

BTOか自作PCか

 

ゲーミングPCを使うならば自作のほうが良いのか、それともBTOのほうが良いのか、という点で迷う方も多いようです。

初心者ならばBTO一択になりますが、ある程度知識があり、より自分好みのマシンにしたいという方は自作という選択肢もあります。
実際どちらのほうがいいのか、メリット・デメリットを見ながら詳しく説明していきましょう。

 

初心者でも安心!「BTO」とは?

まず初心者でも安心なのがBTOです。
BTOは「Build To Order」の略で「オーダーを受けてから作る」という意味です。
ゲーミングPCの専門業者に注文をし、自分に理想的なPCを作ってもらいます。

BTOの最大のメリットは、自分が理想とするゲーミングPCを簡単に手に入れることができるということです。
BTOショップのサイトを見れば、数多くのPCのモデルが紹介されています。
本体のみならずパーツや周辺機器も一緒に購入できますから、サイトを閲覧しながら自分が求めるPCを購入することが可能です。
難しい知識も一切必要なく、専門の業者にすべて任せておけばいいわけです。
ゲームをプレイすることが目的なので、わざわざ自分で手間をかけて自作PCを作りたいとは思わないというユーザーがほとんどのようです。
そもそもそれ以前に、自作できるほどの知識がない人のほうが圧倒的に多いというのもあります。
BTOならばたとえPCが故障したり、なんらかのトラブルが発生したりしても、メーカーやショップのサポートを受けることができるので安心です。
保証期間を延長することも可能なので、より長期的に安心感をもってゲームをプレイすることができます。
ユーザーの多くも「BTOでゲーミングPCを購入することをオススメする」という傾向があるようです。

自分で一から組み立て!自作PC

では自作PCのほうはどうでしょうか。
自作ですから一から自分でPCを組み立てることになります。
パソコンやパーツについての知識がなければ組み立てることはまず不可能です。
しかし逆を言えば、PCを組み立てながら知識を学ぶことができるとも言えます。
PCに対する知識がどんどん深まれば、より自分好みのPCを作り上げることも可能になりますし、パーツを交換したいという時も自分でことあるごとにサクサクっと交換することだってできるでしょう。
知識と経験が増えれば増えるほど「こんなPCに仕上げたい」という楽しみが生まれてきます。
これは自作PCだけの醍醐味と言えます。
ただ、自作PCにはデメリットも多いので注意が必要です。
たとえばPCの故障が発生した場合、それに対応するのは自分自身です。
BTOで買ってBTOで修理してもらうなんてことはできません。
故障が発生したら自分で直すしかありません。
どんなトラブルが発生しても、どんなエラーが発生しても、自分で原因を突き止めて対応しなければならないので、場合によっては対応しきれずPCがそのまま死んでしまうというケースもあり得ます。
故障を直していたら何日も、何週間もかかってしまったということもざらにあります。
こういう点から見ると、初心者および一台目から自作PCというのは無謀ですし、あとのトラブルなどを考えるとオススメできません。
できるだけPCの知識をつけてからでなければ難しいでしょう。

価格面で見ると、以前は自作PCのほうが「中古パーツを自分で買って組み立てることができるので安く済む」と言われていました。
しかし近年はBTO業者のほうがPCのパーツを安価に大量に仕入れているので、自作PCよりもBTOのほうが安くなっているという声も多く聞かれます。
BTOより高い値段なのに故障したら誰のサポートも受けられない・・・自作PCにはそうした危険性があります。
組み立ての腕に自慢がある方なら良いですが、普通のユーザーはそうではありません。
初心者やライトユーザーは安心して気持ちよくゲームするためにBTOを選択するのがベストでしょう。
自作PCはいわばマニア向け、一部のユーザー向けということになります。