おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCの気になる相場は?

    

ゲーミングPCの相場

 

 

ゲームを思いきり楽しみたいなら一度は購入してみたいゲーミングPC。
人によっては10万、20万、30万と高いお金を払って高性能なゲーミングPCを買うこともあります。
それでは、一般的なゲーミングPCの相場はいくらくらいなのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。

 

 

中古のゲーミングPCってどうなの?

ゲーミングPCを取り扱う大手の調査によると、相場の平均額は「11~12万」という数値になっています。
しかし、多くの人は「そんな大金は払えないから、なんとか中古で性能の良い物を手に入れたい」と思うことがほとんどです。
確かに中古でもゲーミングPCを購入することができますが、性能の低いものでは「快適にゲームを楽しむことができない」ということがほとんどです。
3万円台、5万円台で買ったとしても性能が低すぎるため、最新のゲームがプレイできなかったり、中古だから動作保証もなかったりといったデメリットがあります。
最新ゲームをプレイしたい、画質もある程度のものを用意したい、という点を主眼に据えれば、やはり最低でも10万前後のものを購入する必要があります。
というよりもそれくらいのものでないと十分に満足できるゲーム環境は整わないでしょう。
そのため結論的には“中古でゲーミングPCを買うのはオススメできない”ということになります。

それぞれの金額別で見てみると、「8万以下」ならば特定の古いゲームしかプレイできない、「10万前後」ならば最新のゲームを遊ぶことができるが動作環境のレベルは少し低い、「13万前後」ならば最新ゲームを高い環境で問題なくプレイできる、「15万以上」ならば最新ゲームのみならず、これから発売されるゲームも最高水準で楽しむことができる、ということになります。
20万以上も出す人がいますが、ここまでくると超究極のプレイ環境となるでしょう。
これらの金額はあくまでゲーミングPC本体のものです。
ここにモニタの購入金額も加わるので、プラス15,000円前後を想定してみてください。
より素晴らしい画面でゲームをしたいならば、高精度な液晶画面のモニタの購入も検討してみましょう。

目的に合ったゲーミングPCを選ぼう!

ゲーミングPCを購入する場合、特定のゲームやそのジャンルで選んでいる人も多いようです。
「~のジャンルのゲームを遊びたいから」とか「あのタイトルをプレイしたいから」という理由です。
ここで重要なのは、こうした形でゲーミングPCを購入する場合「ゲームタイトルに合わせて買ったほうがいい」ということです。
なぜなら、ある特定のゲームタイトルをプレイしたいという明確な目的があるならば、そのゲームに最適なゲーミングPCを選択することができ、納得のいくゲーム環境を整えることができるからです。
これとは逆に、「FPSをプレイしたいから」とか「MMOをプレイしたいから」と単にゲームジャンルだけ選んでしまうのは危険です。
なぜなら、同じFPSのゲームソフトでもPCに求めるスペックがそれぞれ違いますから、こっちのFPSはプレイできても別のFPSは満足にプレイできない、といったケースが発生してしまう恐れがあります。
そこで、ゲーミングPCを買う場合は「このタイトルをプレイしたい」という自分の目的に合わせたほうがはるかに良いということです。

まとめ

3万、5万くらいのレベルでは満足のいくゲーム環境はまず整いません。
最低10万は必要だと認識しましょう。もしどういうPCを買うのか迷ったら、各BTOショップが推奨するものを購入するのも一つの手です。
ただし、この場合「目的のゲームタイトルが遊べない可能性もある」ということに注意が必要です。
一番確実なのは「自分がプレイしたいゲームタイトル」を決め、そのゲームがプレイできる最適のスペックを持ったPCを購入するということです。