おすすめのゲーミングPCを厳選比較!

ゲーミングPCと普通のPCは何が違うの?

    

普通のPCとゲーミングPCの違い

 

ゲーミングPCと普通のPCは具体的に何が違うのか分からない人も多いと思います。
いずれもワードやエクセルを使えたり、YouTubeを見ることができたりと、普通にPCの機能を使うことができます。
しかし、ゲーミングPCはその名前のとおり「ゲームをプレイするのに特化したPC」と言うことができます。
そのため普通のPCよりもスペックが非常に高く、ワードやエクセル、各アプリ、ソフト、動画視聴といった面でも普通のPCよりも早い処理動作で快適に使うことができます。
もちろんゲームに特化したPCですから、FPSやMMORPGといったオンラインゲームを快適にプレイできることは言うまでもありません。

 

 

CPUの違い

ゲーミングPCと普通のPCの違いについて詳しく見ていきましょう。
まず一つ目は「CPU」の違いです。
CPUとはそのPCにおける処理速度をつかさどる部分であり、CPUが優秀であればあるほど処理速度も速く、スムーズに動作します。
ゲーミングPCは快適なオンラインゲームを可能とするための高性能なCPUが搭載されていますが、普通のPCにはそこまでのCPUは搭載されていないことがほとんどです。
同様にCPUの作業スペースである「メモリ」もゲーミングPCのほうが、のちの追加分も含めて容量がさらに増えるケースが多くなります。

グラフィックボードの有無

二つ目のポイントは「グラフィックボートの有無」です。
グラフィックボードとは3Dのゲーム画面を描写するパーツであり、これがないと最新のオンラインゲームを高画質で快適にプレイすることは不可能です。
普通のPCはグラフィックボードが搭載されていないほうが多いです。
普通のPCでもかなり高額なものはグラフィックボードが搭載されていることもありますが、割合的にはかなり少ないでしょう。
グラフィックボードは「ゲーム画面を綺麗に描写するパーツ」なので、ゲームに関心がない人はグラフィックボードが搭載されていない普通のPCでも十分です。
もし「3Dのオンラインゲームを普通のPCで楽しみたい」ということであれば、グラフィックボードが搭載されたPCを選ぶことをオススメします。

排熱性の違い

三つ目のポイントは「排熱性」の違いです。
排熱性はPCの好不調に関わる重要な部分です。
普通のPCにもファンがついていて、内部の熱を外に出す働きをしていますが、そこまで排熱性にこだわって生産されているわけではありません。
しかし、ゲーミングPCの場合は熱を溜めやすいグラフィックボードが搭載されているので、排熱性能をしっかりと考えたうえで生産されています。
ゲーミングPCは普通のPCに比べてスペックや求められる動作負荷が高いですから、いかに熱を外に出すかが重要になります。
自分でゲーミングPCをカスタマイズしたのはいいけれど、排熱性能をほとんど考えなかったばかりにすぐにPCが故障してしまったというケースもよく聞かれます。
ゲーミングPCにおいては排熱性という要素が非常に重要な位置を占めているのです。
ここが普通のPCと大きく違う点です。
同じゲーミングPCでも排熱性の優秀さはそれぞれのメーカーやモデルによって違いがありますから、事前にそのPCの排熱性の良し悪しを確認しておきましょう。

価格の違い

ゲーミンングPCと普通のPCでは当然ながら価格面でも違いがあります。
普通のPCならば5万くらいからでも買えますが、ゲーミングPCは安くても10万円くらいからが基本になります。
搭載されているスペックが大きく違いますから、それだけゲーミングPCのほうが高額になるという点は抑えておきましょう。
ゲーミングPCは高額なものになると25万円以上になることもあります。
自分の経済状況に合わせて、スペックと価格のバランスを考えながら自分に合ったモデルを探してみてください。
ゲーミングPCと普通のPCの違いがお分かりいただけたでしょうか。
自分の求めるスペック、状況に応じて上手に選ぶようにしましょう。